北瀬あきの4コマ漫画
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 猫マンガ #65「うどん狩り」 | main | 「ケータイ猫パンチTV」で連載始まります >>
猫マンガ#66「さよならポン太」

悪態は娘から引き続き聞けますけどね.... ┓(´_`)┏

この春、久々に姿を見た時から、がったり老け込んだなとは思っていたんです。カリカリは絶対に食べないから、卵を焼いてやったりしてたけど、それも食べたり食べなかったり。食べ物は厳選していたようです。

15年生きていたという噂もあるので、老衰でしょうか。へたり込んだ姿が目撃された後、数メートル這って進み、道を渡った所で亡くなったようです。

私は、子どもの頃飼っていた猫が行方不明のまま終わり、という体験を何度もしたので、亡くなったことがはっきり判ったことと、ちゃんと埋葬してもらえたこと、他にもポン太を気にかけていた人がいたことが、正直とても嬉しかったです。
寂しくなりますが....
スポンサーサイト
本当に寂しいね・・・。
私はこんなに長い間遭遇してた野良はポン太が初めてだったから。
でもポン太って男ロマンの王道を生きた猫だよね。
愛人猫が何匹もいて何人もの人間が一目置いて。
何より10年以上この過酷な冬山を生き抜いたって
本当に伝説猫。
そしてきっとすごい数の子孫が居るよね。
これからはポン太の子孫猫と遭遇出来るのを楽しみにします。
子孫猫より遥かに長生きしてたと思うけど。

kisaki | 2011/06/20 23:51
コメント kisakiさんのコメントみたらまた泣けてきちゃった....

私も(飼い猫含めても)こんなに長くつき合った猫って人生初なんです。
あき | 2011/06/21 00:43
あのポンちゃんが……

道端で堂々と「んべんべ」と毛づくろいしている姿が大好きでした。
ひとり寂しく土に還るコもいる中で、気にかけてくれる方がいたことは、
ポンちゃんにとって幸せなことだったかもしれませんね。

心よりご冥福をお祈りします。
八ヶ岳の麓で十数年生きながらえたことに最大の敬意を。

モモちゃん、まふらちゃん、長生きしてね。
あきさん、どうか元気を出してください。
Mapo | 2011/06/24 23:36
Mapoさん、ご無沙汰しています〜!
ありがとうございます。ほんとうに怖くて面白い猫でした。

今は彼がせいいっぱい生きて残した子孫まふらを大切にし、この親子のオモロさをなるべくたくさん漫画で欠き残していきたいと思っています!
あき | 2011/06/24 23:59
COMMENT









Trackback URL
http://kitaseaki.jugem.jp/trackback/97
TRACKBACK